Project Interview シャポー市川
地元のヒト・モノ・コト 新発見!
シャポー市川むすぶば・たべるば前編イメージシャポー市川むすぶば・たべるば前編イメージ
「むすぶば」と「たべるば」——ここは、地元のみんなが主役になれる場所
リニューアル開業したシャポー市川に、2019年6月、2つのコミュニティスペースが誕生しました。ワークショップ、作品展示、ポップアップストア、マルシェなど、多彩なイベントを開催する「むすぶば」と「たべるば」です。コンセプトは、地元のみんなが主役になれる場所。市川を中心にヒト・モノ・コトをつなぎ、地域コミュニティの活性化を目指しています。それはシャポーとしてはもちろん、会社としても初の試みでした。
シャポー市川を訪ね、新しい場づくりを担当したキーパーソンにインタビューしました。
シャポー市川むすぶば・たべるば前編イメージ1シャポー市川むすぶば・たべるば前編イメージ1
GLOCALCAFE青山と池袋の
ノウハウを注ぎ込む
永田:「むすぶば」と「たべるば」は新しいコンセプトのイベントスペースですから、準備段階から試行錯誤でした。シャポー市川は120ものショップが出店している大型ショッピングセンターなので、十分にサービスは揃っています。そこに僕たちがどんな色を足していくのか…工事中の現場を見てワクワク感もあり、身が引き締まる思いでした。
開発当時は、グローカルポイントさんが「GLOCAL CAFE」で培ったノウハウを活かして担当してくださったので、当時新人として市川に着任した自分は、本当に助かりました。
青山と池袋の2拠点で「GLOCAL CAFE」を展開するグローカルポイントさんはどのようなところなのでしょうか?
グローバルとローカルが
ゆるやかに繋がる
福澤:グローカルポイントは、80年以上の歴史のある語学出版「三修社」と、映像、ウェブサイト、イベントなどの制作を手がける「ブレイン」のグループ会社です。「GLOCAL CAFE」は青山・池袋という立地特性を活かしたリアルな場所で、地域と世界各国との国際交流や言語学習・異文化理解にチャレンジしました。コミュニケーションの場をいかに創出するかが、僕たちの活動の軸になっています。
そこに市川のお話をいただいて、地域のヒト・モノ・コトをつなぐコミュニケーションを一緒に考えましょうということになり、プロジェクトがスタートしました。僕たちへのオーダーは2つ。まずひとつは、「120ものショップ情報をいかに発信するか」。そして「イベントを通じて、地域との架け橋になってほしい」でした。
シャポー市川むすぶば・たべるば前編イメージ2シャポー市川むすぶば・たべるば前編イメージ2
シャポー市川むすぶば・たべるば前編イメージ3シャポー市川むすぶば・たべるば前編イメージ3
むすぶば×たべるば
2つの場所のシナジー効果
福澤:1階の「むすぶば」は、地元企業や作家さんの作品展示、マルシェやワークショップが中心。プロジェクターを使った公開講座では、ひな壇に座って参加できます。地元の大学に声をかけてスタートした公開講座が好評で、学生さんから問い合わせをいただいて次の企画が生まれる、いいサイクルができています。
B1階にある「たべるば」は、食がテーマ。〝作る・食べる・遊べる〟をつなぐキッチン・イベントや料理ワークショップ、人気店のポップアップショップなどを開催しています。自分たちで見つけて面白いなと思う、市川にまつわるメーカーやショップさんに直接声をかけ、農産物などは生産者さんに定期的に足を運んで、話を聞きながら関係性をつくっています。
地元の良さに
みんなが気づく
永田:手応えがあったイベントは、市川在住アーティスト、手作り作家さん、地元商店を誘致したマルシェ。ご近所からお馴染みのお客様が来店されて楽しまれており、地元のみなさんの交流の場になると実感しました。
福澤:親子参加型のイベントは、毎回人気です。お買い物のついでに一緒に遊べるので、お子さんは大満足。「エドロック2020」と連動したポップアップストアは、遠くまで出かけなくても市川駅にあるシャポーで楽しめると好評でした。
鷲沼:今は密になるワークショップはお休みして、マルシェや展示がメインです。市川の写真だけを撮っている「Shun Shirai写真展」では、お買い物の行き帰りに通路を歩きながら鑑賞できるよう展示を工夫しています。

後編では「好きなまちで、暮らそう」を掲載します。

※本記事は2020年の取材に基づいて構成されています。
シャポー市川むすぶば・たべるば前編イメージ4シャポー市川むすぶば・たべるば前編イメージ4
<ruby><rb>福澤由祐</rb><rt>ふくざわゆうすけ</rt></ruby>イメージ<ruby><rb>福澤由祐</rb><rt>ふくざわゆうすけ</rt></ruby>イメージ
前・グローカルポイント市川 業務推進マネージャー
福澤由祐ふくざわゆうすけ
デジタル広告代理店を経て、米国のマーケティングエージェンシーへ転職。帰国後に友人とカフェを立ち上げグローカルポイントに入社。
<あなたにとって、くらしづくり・まちづくりとは>
市川にも小さいけれど新しい地元のコミュニティが生まれていて、地域の緩やかな関係性ができています。それがもっと広がって、みんながつながっていくきっかけに「むすぶば・たべるば」がなればいいですね。それが結果的にいいまちになり、市川で暮らしたい、市川に引っ越したいと思ってもらえれば最高にうれしいです。

※福澤由祐氏は現在担当しておりません
デジタル広告代理店を経て、米国のマーケティングエージェンシーへ転職。帰国後に友人とカフェを立ち上げグローカルポイントに入社。
<あなたにとって、くらしづくり・まちづくりとは>
市川にも小さいけれど新しい地元のコミュニティが生まれていて、地域の緩やかな関係性ができています。それがもっと広がって、みんながつながっていくきっかけに「むすぶば・たべるば」がなればいいですね。それが結果的にいいまちになり、市川で暮らしたい、市川に引っ越したいと思ってもらえれば最高にうれしいです。

※福澤由祐氏は現在担当しておりません
<ruby><rb>永田</rb><rt>ながた</rt></rb><rb>拓路</rb><rt>ひろみち</rt></ruby>イメージ<ruby><rb>永田</rb><rt>ながた</rt></rb><rb>拓路</rb><rt>ひろみち</rt></ruby>イメージ
ショッピングセンター事業本部 市川ショッピングセンター
永田ながた拓路ひろみち
<2019年のリニューアル開業から2年間をふり返って>
社会人のスタートが、シャポー市川でした。グローカルポイントさんと〝むすぶば・たべるばを盛り上げるぞ!〟という気持ちで着任したのですが、最初の方は開業準備で手一杯でした。少しずつ落ち着いてくるなかで、福澤さんとコミュニケーションをとりながら、手探りで走って来ました。(福澤さん、その節はお世話になりました!)
<2019年のリニューアル開業から2年間をふり返って>
社会人のスタートが、シャポー市川でした。グローカルポイントさんと〝むすぶば・たべるばを盛り上げるぞ!〟という気持ちで着任したのですが、最初の方は開業準備で手一杯でした。少しずつ落ち着いてくるなかで、福澤さんとコミュニケーションをとりながら、手探りで走って来ました。(福澤さん、その節はお世話になりました!)